ラポマインを使用する前の苦痛!ワキガ手術に挑んだ私!

私は子供のころからずっとわきがです。自分でもすごく体臭が気になっていて、特に夏はすごく嫌でした。

 

 

 

夏になると本当に嫌で、毎日引きこもっていました。

 

 

 

でも学校にはいかないといけないので、いつもスプレーなどをもって学校にいき、休憩時間になるたびにトイレにいきわきにスプレーをしていました。

 

 

 

友達といるときもいつもわきがなので迷惑をかけていないかすごく気になっていました。

 

 

 

あととても気にしていたのが、黄ばみです。

 

 

 

わきにできる黄ばみがものすごく気になり、夏の制服の白いカッターシャツを着るのが本当に嫌で嫌で仕方がありませんでした。

 

 

もうすごく嫌で、何度も何度も黄ばみをチェックしていたくらいです。

 

 

 

夏用の制服は白なので、黄ばみができるとものすごく目立ってしまいます。

 

 

 

そのため、いつも手をあげないようにしていたくらいです。

 

 

 

体臭も気になるし、しみも気になるし夏は本当につらい思いでしかありません。

 

 

 

でもそんな私もある男の子に告白される時が来ました。

 

 

 

それは大学一年生のときでした。

 

 

 

同じ学部の男の子だったのですが、お付き合いをしてほしいといわれたのです。

 

 

 

私にはそんなチャンスは絶対にないと思っていたのでびっくりしました。

 

 

 

でも、その男の子がすごくかっこよくて、私も付き合いたいと思いました。

 

 

 

でもわきがなので、今後すごく気にしながら体臭とか黄ばみで遠慮をするのは嫌でした。

 

 

 

そこで私は手術をすることを考え始めました。

 

 

手術までしなくてもいいかな、と思っていたのですが、彼氏がほしいし告白してきてくれた彼と楽しい大学生活を送りたいと思ったので私は手術をしました。

 

 

 

手術をしてから、私の生活は劇的に変化をしました。

 

 

 

体臭が一切なくなったのです。びっくりしました。

 

 

 

スプレーももう必要ありません。夏がすごく嫌だったのですが、今は夏が一番好きなくらいです。

 

 

 

体臭もなくなりもちろん、黄ばみもなくなりました。

 

 

 

真夏には、真っ白いかわいいTシャツを着ることができています。

 

 

 

彼氏とも楽しい大学生活を送ることができています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA