わきが対策で私が行ったこと!ラポマインVS制汗スプレー

私が初めて、自分の体臭に気付いたのは、小学校4年生の時でした。

 

 

夏の花火大会の日で、家族ぐるみでつきあいのあった友人一家と一緒に、花火を見たり、友人達と走り回って遊んだりしていた時のことです、ふと、自分の体がなんとなく臭いことに気づきました。

 

脂っぽいような、むあ~っとまとわりつくような嫌な臭いがしていました

 

 

その時はよくわからなかったのですが、成長するにつれて、自分の体臭が強いことを意識するようになりました。

 

 

夏などは、特に、わきの下が強く臭います。

 

 

制汗スプレーでケアしていましたが、時々、服に臭いが移ってしまうほど強い時があり、「これが、わきがというものかも?」と気になっていました。

 

 

実際に、私がわきがなのかどうかを調べてもらったことはありませんが、夏のTシャツのわきには黄ばみもできるので、わきがだと思います。

 

 

ただ、程度はそれほど強くないような気がします。

 

 

他人からは、体臭について何か言われたことも、一度もありません(ただし、それは周囲の人間が気を遣っているだけかもしれませんが)。

 

 

服の黄ばみは、左のわきにはほとんどできませんが、右のわきにはできやすく、ポロシャツなどは、黄ばみの部分を嗅ぐと、うっすらと臭いがします。

 

 

わき毛は、毛抜きやカミソリ、除毛クリームなどでこまめに処理していましたが、毛抜きを使っていると、抜いた毛も同じ臭いがするのが、よくわかりました。

 

こまめなわき毛の処理と、デオドラント剤の使用などのケアが主な対策でした。

 

 

20代以降は、香水をつけるようになったせいか、敢えてわきの下を臭ったりしない限り、体臭が気になることも少なくなりました。

 

 

臭い対策としてラポマインを取り入れたことも良かったのかもしれません。

 

 

 

もちろん、運動した後で服を脱ぐ時に臭いが強いと感じたりはしましたが、普通にしていて「なんとなく臭い」ということは、ありませんでした。

 

 

今振り返ると、思春期の頃が、一番臭いが強かったように思います。

 

 

40代になった今では、いい感じに枯れてきたのか、「わきがかも?」と思うような臭いがすることも、Tシャツが黄ばむことも、全くなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA